follow us in feedly

WordPressがbrタグやpタグを自動挿入・削除するのを解除する

WordPressにはbrタグやpタグを自動挿入してくれる機能があります。
さらに、余分なbrタグやpタグを削除してくれる機能もあります。
この機能によってbrタグを重ねて大きめに行間をあけようとしても削除してしまいます。

WordPressの自動整形機能は、remove_filterをfunction.phpに追記すれば解除できます。
ただ、解除するとこれまでに投稿した記事にタグが自動挿入されないのでレイアウトが崩れる。

そういうわけで、今回はPS Disable Auto Formattingプラグインを使ってみました。
PS Disable Auto Formattingプラグインには過去記事の一括整形処理機能があるからです。

PS Disable Auto Formattingの設定

インストールは、管理画面から自動インストールするか下記サイトからダウンロードして
wp-content/pluginに置きます。
WordPress › PS Disable Auto Formatting « WordPress Plugins

「記事内容の自動整形」の停止にチェックして保存すれば完了ですが、
これだけだとremove_filterで停止したときと同じで過去記事のレイアウトは崩れます。

ps_disable_auto_formatting1

過去記事の一括整形処理をする

PS Disable Auto Formattingは過去記事の一括整形処理ができます。
過去記事の下書きにbrタグやpタグを追記することでレイアウト崩れを防ぎます。
「一括整形処理を許可」にチェックして一括整形処理ボタンをクリックすればOKです。

一括整形処理とCodeColorerによって問題が発生

いい感じに整形されたなあと確認していたら、おかしなことになってる箇所を発見。
このブログでは、CodeColorerプラグインを使ってソースコードをハイライト表示しています。
そのためcodeタグで囲っているソースコード部分に自動挿入されたbrタグやpタグが
CodeColorerによって記事にそのまま表示されるという事態に。

# こういうのが…
<?php
  echo 'hello!';
?>

# こうなった
<?php<br />
  echo 'hello!';<br />
?><br />

バックアップから復元しようか迷ったけど、WordPressの自動整形解除はしておきたかったので
ソースコード部分のbrタグやpタグを1記事ずつ削除して巡りました。
多少のトラブルはあったけどWordPressの自動整形機能を解除できました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください