follow us in feedly

さくらVPSにnginx + WordPressの環境を構築する(3) – PHPとMySQL のインストール

さくらVPSにPHPとMySQLをインストールします。
主に下記のサイトを参考にさせていただきました。
ウェブ開発者のための、1時間でできるLAMP環境構築術(CentOS編)– さくらインターネット創業日記
さくらVPSとnginxリバースプロクシで最速WordPressブログを作る方法(ベンチマーク付き)| さくらたんどっとびーず

パッケージをアップデートする

まずは、インストールされているものを最新版にアップデートしておきます。

# yum update

yumのリポジトリを追加する

EPELをダウンロードして追加します。(EPELはインストール済みだったので必要なかった。)

# wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-5.noarch.rpm
# rpm -Uvh epel-release-6-5.noarch.rpm

remiをダウンロードして追加します。

# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
# rpm -Uvh remi-release-6.rpm

RPMForgeをダウンロードして追加します。

# wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm
# rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm

リポジトリの設定を行います。
yumコマンドで指定しない限り追加したリポジトリを使用しないようにします。
下記の enableの値を1から0に変更してリポジトリを無効にします。

# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0 ← 1を0に変更する
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6

下記の enable の値を 1 から 0 に変更してリポジトリを無効にします。

# vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

[rpmforge]
name = RHEL $releasever - RPMforge.net - dag
baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el6/en/$basearch/rpmforge
mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/el6/en/mirrors-rpmforge
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
enabled = 0 ← 1を0に変更する
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1

MySQLをインストールする

下記を実行して、mysqlをインストールします。

# yum install mysql mysql-server

インストールが完了したら、MySQLサーバを起動します。
また、再起動した時に MySQLサーバが起動するように設定します。

# /etc/init.d/mysqld start
# /sbin/chkconfig --level 345 mysqld on

PHPをインストールする

下記を実行して、PHPをインストールします。

# yum install php php-cli php-xml php-mysql php-mbstring php-devel php-pdo php-pear

eAcceleratorをインストールする

ソースコードをダウンロードして、解凍します。

# wget http://sourceforge.net/projects/eaccelerator/files/latest/download/eaccelerator-0.9.6.1.zip
# unzip eaccelerator-0.9.6.1.zip

ビルドして、インストールします。

# cd eaccelerator-0.9.6.1
# phpize
# ./configure --enable-eaccelerator
# make
# make install

/etc/php.iniにeaccelerator.soを追記します。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Dynamic Extensions ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

extension=eaccelerator.so

eaccelerator.cache_dirを/var/tmp/eacceleratorに変更します。
デフォルトの設定(/tmp/eaccelarator)でも問題ないです。
変更する場合は、php.iniの末尾に設定を追記します。

[eAccelerator]
eaccelerator.cache_dir = "/var/tmp/eaccelerator"

ディレクトリを作成して、パーミッションを設定します。

# mkdir -p /var/tmp/eaccelerator
# chmod 777 /var/tmp/eaccelerator

これで、PHPとMySQLのインストールは完了です。

タグ: ,

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください