follow us in feedly

HomebrewでMacのパッケージ管理を行う

Macのパッケージ管理にはHomebrewを使っています。
MacPortsを使っていたんですが、MacPortsは依存関係のあるソフトウェアがすでにMacに入っていても、
新しくインストールしてしまうのでHomebrewに移行してみました。

MacPortsをアンインストールする

MacPortsを使っている場合はアンインストールします。
MacPortsでインストールしたパッケージも消えてしまうので注意です。

$ sudo port -f uninstall installed
$ sudo rm -rf /opt/local

Homebrewをインストールする

Homebrewをインストールします。
インストールには以下が必要です。自分は特に問題なし。

下記を実行してインストールします。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSkL raw.github.com/mxcl/homebrew/go)"

Homebrewのコマンド

Homebrewで使用する基本的なコマンドです。
HomebrewではパッケージのことをFormula(フォーミュラ)と呼びます。

Homebrewのバージョンを表示する。

$ brew --version

Homebrewと管理しているFomulaをアップデートする。

$ brew update

Fomulaを検索する。

$ brew search hoge

Fomulaの情報を表示する。

$ brew info hoge

Fomulaをインストールする。

$ brew install hoge

Fomulaをアンインストールする。

$ brew uninstall hoge

インストールしたFomula一覧を表示する。

$ brew list

参考サイト

Homebrew — MacPorts driving you to drink? Try Homebrew!
Installation · mxcl/homebrew Wiki · GitHub

タグ:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください