follow us in feedly

HomebrewでRuby 1.9.3をインストールする

新しい職場では Ruby を使うことになりそうなので、勉強のために Ruby をインストールしました。
Mac にはデフォルトで Ruby が入っているようですが、バージョンが 1.8 と古いものなので最新版の Ruby をインストールします。

Homebrew で Ruby をインストールする

Homebrew で Ruby 1.9.3 をインストールします。
まずは、Ruby のバージョン管理ツールの rbenv と readline をインストールします。

$ brew install rbenv
$ brew install ruby-build
$ brew install readline
$ brew link readline

.bash_profile や .bashrc あたりに下記を追加します。

export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

Ruby をインストールします。
rbenv install とするとインストールできる候補の一覧が表示されます。

$ rbenv install
$ CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=/usr/local" rbenv install 1.9.3-p125
$ rbenv rehash
$ rbenv global 1.9.3-p125
$ ruby -v
ruby 1.9.3p125 (2012-02-16 revision 34643) [x86_64-darwin11.3.0]

Ruby をインストールするところで GCC がないと下記のようなエラーが出るので、その場合は kennethreitz/osx-gcc-installer から GCC をダウンロードしてインストールします。
Homebrew で GCC をインストールする場合はこちら

$ rbenv install 1.9.3-p125

ERROR: This package must be compiled with GCC, and we
couldn't find a suitable `gcc' binary on your system.
Please install GCC and try again.

As of version 4.2, Xcode is LLVM-only and no longer
includes GCC. You can install GCC with these binary
packages on Mac OS X:

https://github.com/kennethreitz/osx-gcc-installer/downloads

BUILD FAILED

以上で完了です。

タグ: ,

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください