follow us in feedly

スポーツ

肉離れってどんな怪我?原因や予防法などを調べてみた

肉離れはよく聞く怪我のひとつですが、どういう怪我なんでしょうか?

最近、会社の人が軽い肉離れと診断されていました。
僕もフットサルで出鼻に変な蹴り方をしてお尻を痛めました。

走ったり蹴ったりできたので最後まで続けてましたが、トップスピードで走れませんでした。
と言うより、これ以上はヤバイなって感じてスピード出せなかったです。
これまでに経験がない痛みや感覚でした。

まあ、ちょっと身近に感じることが起きたので、調べてみました。
詳しくは書きませんが、参考になればと。

肉離れとは?

肉離れとは急な動きによって筋肉の断裂を起こした状態です。
完治するのに軽いものなら1〜2週間、重いものは1ヶ月以上かかります。
程度によっては歩くのも難しい状態になります。

僕の場合は、医者に診せていないので肉離れとは言いきれませんが、
ウォームアップをあまりしていない状態でボールを蹴ったこと、
さらにはいつもと違うフォームで蹴ったことが原因で起きています。

治療方法や予防法は?

肉離れのときは、RICE法で応急処置をするのが基本です。
RICE法とは、下記4つを組み合わせた処置方法です。

  • 安静(Rest)
  • 冷却(Icing)
  • 圧迫(Compression)
  • 挙上(Elevation)

当たり前ですが、患部に体重をかけたりするのもNGです。
クセになってしまうこともあるようなので、早めに専門医の診察を受けて治療しましょう。

僕のように、応急処置もせずプレー続行し、診察も受けないのはやめた方がいいです。
軽い痛みだとつい大丈夫やろと思って放置してしまいますが
30歳もすぎているので、これまでのように放置でOKでは済まないですね。

最後に予防法として、運動前後にはストレッチをしっかりしましょう。
ただ、運動前後だけストレッチをしていても、筋肉が多少柔らかくなるだけです。
真の予防のためにも、日頃からストレッチや運動をして筋肉の劣化を防ぎましょう。